1. HOME
  2. ブログ
  3. 【臨床】高血圧とガンステッド・カイロプラクティックの施術法

【臨床】高血圧とガンステッド・カイロプラクティックの施術法

塩川スクール 高血圧

血圧とは、「血液が血管の中を流れる時に、血管の壁にかかる力」のことで、「血管を流れる血液量」と「血管の硬さ」で決まります。

そして心臓は、ポンプのように縮んだり広がったりして、血液を体の隅々まで送り続けています。心臓が縮んで血液を送り出すときにかかる血圧を収縮期血圧(上の血圧)と呼び、心臓が膨らみ血液が戻ってくるときにかかる血圧を拡張期血圧(下の血圧)と呼んでいます。

一般的な高血圧の治療法

高血圧 ガンステッドテクニック

高血圧の原因として塩分の過剰摂取、肥満、ストレス、運動不足などの「生活習慣」と、親から受け継いだ遺伝的な体質などが要因と言われていますが、実は血圧の問題の約90%以上は、原因が明らかになっていません。

一般的な治療法は上記に挙げた生活習慣を見直し、それでも改善しない場合は降圧剤などの薬物療法によって一時的に血圧を下げます。

薬物療法では、血管を拡げて血圧を下げる薬や、血管を収縮させる作用を持つ体内の物質の働きを一部止めることで血圧を下げる薬や、血管から食塩と水分を抜いて血液量を減らすことで血圧を下げる薬や、心臓の過剰な働きを抑えて血圧を下げる薬などがありますが、一時的に血圧の数値は改善しても根本改善には至りません。

ここでよく考えてみてください。

もし上記に挙げた外的要因が高血圧の原因だとしたらなぜ高血圧になる人とならない人がいるでしょうか?

ここで重要なことは高血圧の改善策としてただ外的要因に意識を向けるのではなく、体の内に意識を向けることです。日常生活において様々なストレスを受けますし、生活習慣が乱れる事や環境が変化することもあります。

毎回毎回それらの変化に対応し続けるのは大変な作業になります。だからこそ高血圧の対策として体の内に意識を向けることが大切なのです。そもそも血圧異常は体の内からのシグナルです。

体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切なシグナルです。カイロプラクティックでは体の内に問題の根本原因が存在していると考え高血圧に対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

塩川 スクール 高血圧

私たちは、日中に活動して夜は睡眠をとって休息していますが、この活動や睡眠の体調を無意識に作り出してくれているのが自律神経の働きです。活動するときは交感神経の働きで血圧が上がり、血糖が上がり、脈拍の上昇で血流が増え、筋肉が酸素と栄養を受け取って働くことができます。

働いてばかりいると疲れてしまうので、夕方あたりからは副交感神経が働いて、脈を少なくし、血圧を下げ、血糖を下げます。そして日中に活動して疲れた体を休めバランスを取っています。

すなわち、自律神経が体の活動にふさわしい血圧を選んでくれているのです。

ここで重要なのが脳と体のサイクルです。脳と体を繋ぐ神経が正常であり、体の状態や外の環境の変化を脳が把握することができれば、体は無意識にその環境に適した血圧へと調整します。

脳からの指令によって交感神経が刺激されると血圧が上がり、副交感神経が刺激されると逆に血圧が下がります。

この微妙な調節が精密に神経によって調節されているのです。人間が走ったり、興奮したり、また怖いものから逃げるときには交感神経が主に働き、血圧が上がり、食べたり、眠ったり、リラックスするときには、副交感神経が主に働き血圧が下がるわけです。

しかし、脳と体のサイクルに問題(サブラクセーション)があると、どれだけ外的要因となるストレスを無くしても、または生活習慣を見直したところで、高血圧の根本改善には至りません。そもそも血圧の異常は、体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切な体のサインです。

その大切なサインをただ薬で隠すのではなく、しっかりと体の内側と向き合いましょう。カイロプラクティック・ケアによって、サブラクセーションが取り除かれ、脳がしっかりと体の状態を把握することで、自身の血圧を最適な状態へと保つことができるのです。

ガンステッド・カイロプラクティックでのアプローチ

塩川 スクール 高血圧

交感神経の問題からアプローチ

甲状腺や副腎や腎臓の機能低下による化学物質の蓄積、または、ホルモンバランスの乱れによる収縮期の高血圧(上の値が高い)が考えられます。

内分泌の機能低下であれ、ホルモンバランスの乱れであれ、まずは交感神経の問題を解消することが重要になります。

そのため、問診や検査をしっかり行い、サブラクセーションを特定することが重要になります。すべてを同時にアジャストメントすることは、血圧をコントロールすることが出来なくなるので注意が必要になります。

1.甲状腺機能低下

長期間にわたり甲状腺ホルモンの不足が続くと、コレステロールの値が高くなります。それによって動脈硬化が進行しやすくなり、血圧の上昇に繋がります。

甲状腺機能が低下すると、エネルギーを熱に変える作用が低下するため、体重の急な増加、夏でも厚着をするほど寒がりになり(体温の低下)、精神集中に欠け、本を読んだり人と話をすることがとても苦痛などのが特徴があります。 また、筋力の低下も著しく重い物を持てなくなり、少し歩いても疲れやすくなります。

症状が進むと皮膚が青白くカサカサ乾き、むくみや顔の腫れなどが現れてきます。また、いつも眠い感じで、声も低くなり弱々しくなる。甲状腺機能低下の多くは、片頭痛や関節炎を訴えるようになります。

アジャストメント

甲状腺機能低下になる主な原因は、交感神経系の圧迫が考えられます。 甲状腺の神経支配であるC7~ T3のサブラクセィションからアプローチ。

重傷の場合、C7~ T3のアジャストメントの他に、多くのヨウ素を摂らせることが必要になります。

甲状腺神経支配:C7~ T3

2.副腎&腎臓機能低下

副腎や腎臓の働きが悪くなると余分な塩分と水分の排泄ができなくなって血液量は増加し血圧が上昇します。

さらに、血圧が上がれば腎臓への負担が増え、ますます腎臓の機能が低下するといった悪循環となります。

アジャストメント

副腎や腎臓の機能低下になる主な原因は、交感神経系の圧迫が考えられます。 副腎や腎臓の神経支配であるT8~ T12のサブラクセィションからアプローチ。

副腎&腎臓神経支配:T8~ T12

3.女性ホルモンのバランス異常

血圧上昇に大きく関係しているのが、卵巣で作られる「エストロゲン」という女性ホルモンです。エストロゲンは、動脈硬化のもとになる、悪玉コレステロールの値を低下させます。加えて、血管の壁に付いたコレステロールをはがす役割のある善玉コレステロールを増やします。

さらにエストロゲンは、血管の壁に直接作用し、血管を広げる働きがあります。しかし、エストロゲンの分泌量が減少した場合、血圧の上昇を防いでいたエストロゲンの作用も低下するので、血圧が上昇しやすくなります。

アジャストメント

女性ホルモンの分泌量の低下になる主な原因は、交感神経系の圧迫が考えられます。 卵巣の神経支配であるL1~ L3のサブラクセィションからアプローチ。

卵巣神経支配:L1~L3

高血圧 塩川スクール

副交感神経の問題からアプロー

交感神経系の働きが過剰になり、機能が亢進状態となることで拡張期高血圧(下の値が高い)となります。

血圧は、交感神経と副交感神経からなる自律神経によってコントロールされていますが、このうち血圧の上昇には交感神経が大きく関わっています。

交感神経の働きが活発になると、末梢血管が収縮するとともに、心拍数が増加して心臓から送り出される血液量が増えるため、血液が血管を押し広げる力が高まります。

そのため、上の血圧が正常域なのに下の血圧だけが高くなる大きな理由は、手足の先などにある細い末梢血管が収縮する、または、動脈硬化によって硬くなるからです。

また、血圧が朝は低く、日中に進むにしたがい高くなる場合は、内分泌が「亢進」している状態にありあます。特に甲状腺機能亢進が考えられるので、この場合も副交感神経の問題からアプローチすることが大切になります。

甲状腺機能亢進は、エネルギーを熱に変える作用や、自律神経の働きを調整する作用と深い関係があるため、様々な症状を引き起こす原因となる。カイロプラクティック臨床にとって最も重要なホルモンになります。

この甲状腺の機能が亢進することで体内の代謝に異常が起こり、多汗、暑がり、イライラ、不眠、動悸、不整脈、下痢、血圧の上昇などの原因となり、手のひらが異常に汗をかき湿ってくるのがシグナルになります。

アジャストメント

甲状腺機能亢進になる主な原因は、副交感神経系の圧迫が考えられます。 副交感神経のサブラクセーションからアプローチ。

副交感神経の問題:後頭骨~C5、骨盤(特にアトラス)

収縮期&拡張期の両方高い場合

高血圧 塩川スクール

最初に交感神経の問題からアプローチする。約4~ 8週間交感神経へのアジャストメントを行い、交感神経系の問題が解消した後に、副交感神経の問題に移行することにより、効果的に高血圧へアプローチすることが出来る。決して副交感神経と交感神経のサブラクセーションを同じ日にアジャストメントしてはいけない。

また高齢者での高血圧において年齢と比例して血管の柔軟性は失われていきます。そのため、血圧は年齢と比例して上昇していきます。しかし、急な上昇は、体内の内分泌の問題が考えられます。まず交感神経の問題からアプローチすることが重要になります。

収縮期と拡張期の血圧の誤差

高血圧 塩川スクール

両者の数値が40くらいの差があることが好ましいが、数値が40以下の場合は心臓の機能の低下が考えられる。

アジャストメント

心臓機能低下になる主な原因は、交感神経系の圧迫が考えられます。 心臓の神経支配であるT1~ T4のサブラクセィションからアプローチ。

心臓神経支配:T1~T4

高血圧の患者さんへの指導と注意

高血圧 塩川スクール

カリウムの補給

カリウムは、体内の余分な塩分を体の外へ排泄することによって血圧を下げる作用があります。特に、利尿剤を使っている患者さんは尿中からカリウムが流れてしまうので、カリウムの摂取を指導する。

血圧の監視

特に薬を服用している場合、アジャストとの相乗効果で血圧が下がりすぎることもあります。そのために定期的に血圧を測定することが大切になります。特にアジャストメントを始めてから、だるい、または疲労感のような症状が出た時には、血圧が下がり過ぎている場合があります。

慢性な高血圧の患者さん血庄が急に下がった場合

心臓発作の可能性を疑い、必ず担当医に相談するように指示する。また、心臓発作の前兆として、尿中に高尿酸塩が多くなる場合もあるので、精密検査が受けることを支持すること。

公式メールマガジン

スクール案内

The following two tabs change content below.
塩川 雅士

塩川 雅士

1980年、東京都生まれ。17才で渡米後、2004年パーマーカイロプラクティック大学を優等で卒業。D.C.の称号取得。米国ナショナルボード合格。日本カイロプラクティックリサーチ協会(JCRA)役員。2005年からカイロプラクターを育成する学校の運営と講師に携わり、現在、年間約300時間の講義やセミナーなどの活動を全国で精力的に行っている。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

  • 関連記事はございません。

公式メールマガジン

 

記事一覧

Facebookページ

セミナーのお知らせ

公式メールマガジン


 

セミナースケジュール

スクール案内