1. HOME
  2. ブログ
  3. 【臨床】耳鳴り&難聴とガンステッド・カイロプラクティック

【臨床】耳鳴り&難聴とガンステッド・カイロプラクティック

塩川 カイロプラクティック 難聴 耳鳴り

日本では、耳鳴りの患者がここ数年で急増中しています。

その数は、厚生省の国民生活基礎調査によると、約1400万人にのぼっています。人口の10~15%程度が耳鳴りを感じていると言われています。

また、難聴にかかる約9割の人に耳鳴りを伴うとも言われています。

耳鼻咽喉科を受診しても「年をとると誰でもなるのでうまく付き合っていきましょう」「なるべく気にしないようにしましょう」と言われるだけで、原因の特定ができず、悩んでいる人も少なくはありません。

一般的な耳鳴りや難聴に対しての治療法

塩川 ガンステッド

一般的な治療法として、血流を促す薬や筋肉を弛緩させる薬や抗不安薬のような薬物療法、音響療法、心理療法などがありますが、一時的に症状は緩和されても、根本的な改善には至りません。

耳鳴りや難聴の原因は、耳の問題と診断されることが多いですが、ストレス、精神的な不安、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの乱れ、天候や環境の変化などといった外的要因も考えられます。

一般的にそれらの外的要因を見直し、改善することが耳鳴りや難聴の対策法とされています。

しかし、考えてみてください。もし外的要因が耳鳴りの原因だとしたら、なぜ耳鳴りになる人とならない人がいるのでしょうか?

ここで重要なことは、耳鳴り予防策として外的要因に意識を向けるのではなく、身体の内に意識を向けることです。

日常生活において様々なストレスを受けますし、生活習慣が乱れることや、天気や環境が変化することもあります。毎回毎回それらの変化に対応し続けるのは大変な作業になります。

だからこそ耳鳴りの対策として身体の内側に意識を向けることが大切なのです。そもそも耳鳴りは、身体の内からのシグナルなのです。身体のバランスが乱れていることを教えてくれる大切なシグナルです。

ガンステッド・カイロプラクティックでは、身体の内側に問題の根本原因が存在していると考え、耳鳴りに対してアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

塩川 カイロプラクティック

特に耳鳴りの問題で注目したいのが「脳への電気信号」です。まず音の聞こえる仕組みから説明していきましょう。

そもそも音は、外耳から中耳から内耳から脳へと伝わります。外耳は音を集めて鼓膜を振動させます。

中耳はその音を内耳に伝え、内耳は振動を電気信号へと変換させ脳に伝えます。その電気信号によって私たちは音を認識することができます。その電気信号を運んでいるものが神経になります。

サブラクセーションによって聴覚を司っている神経に障害が起こることや、自律神経の乱れによって、正確な音の電気信号を脳に伝えることができない状態が続きます。

この、音を伝える過程の神経に異常が生じた状態を『難聴』と言います。その結果、耳から脳に伝わる電気信号が少なくなり、脳が音の感度を上げようとします。

その結果、本来であれば受け取らなくても良い電気信号まで脳に伝わってしまい、耳鳴りを引き起こしてしまいます。耳鳴りの正体は、脳の過剰反応によって作り出されている音なのです。

ガンステッド・カイロプラクティックによって、根本原因を取り除き、脳と体の神経サイクルが正常であれば、正確な音の電気信号を脳に伝えることができます。

そして、脳は音の感度を上げる必要がなくなり耳鳴りや難聴の改善に繋がっていきます。

ガンステッド・カイロプラクティックでのアプローチ

1. 副交感神経サブラクセーションの問題

脳から出る末梢神経は12種類存在しています。それぞれ嗅神経、視神経、動眼神経、迷走神経・・・などと呼ばれており、脳から頭や頚部のさまざまな部位へ伸びています。

この中で内耳神経と呼ばれ聴覚や平衡感覚を支配しているものが第8脳神経になります。これらの副交感神経支配の神経伝達に異常が生じることで耳鳴りや難聴の原因となります。

アジャストメント

・副交感神経支配:後頭骨~C5、骨盤(特に上部頚椎:アトラスまたは、後頭骨)

2. 顎関節の問題

噛むときに動く下あごは、耳が位置する側頭骨とつながっています。下あごを動かすことで発生する物理的な刺激は、常に耳に伝わっています。

例えば、片側の顎関節の配列が乱れることで、スムーズな口の開閉が失われますことになります。 その結果、口の開閉時に必要な筋肉を過剰に働かすことによって顎関節の可動性を維持しようとします。

しかし、その状態が慢性化することによって。顎関節周辺の筋肉は常に緊張状態となってしまい、噛み癖や食いしばりや歯ぎしりなどに繋がっていきます。

そして、顎関節周辺の筋肉が過緊張することで、耳周辺の血流にも悪影響を与えてしまいます。血流が低下することで、左右の聴力差の乱れが生じるようになり、耳鳴りや難聴が発症します。 

アジャストメント

・顎関節の変位:AI変位(前方下方変位)

3. 高血圧

特に、拡張期(下の値が高い)高血圧の場合に見られます。交感神経系の働きが過剰になり、機能が亢進状態となることで高血圧となります。

血圧は、交感神経と副交感神経からなる自律神経によってコントロールされていますが、このうち血圧の上昇には交感神経が大きく関わっています。

交感神経の働きが活発になると、末梢血管が収縮するとともに、心拍数が増加して心臓から送り出される血液量が増えるため、血液が血管を押し広げる力が高まります。

そのため、上の血圧が正常域なのに下の血圧だけが高くなる大きな理由は、手足の先などにある細い末梢血管が収縮する、または、動脈硬化によって硬くなるからです。

また、血圧が朝は低く、日中に進むにしたがい高くなる場合は、内分泌が「亢進」している状態にありあます。特に甲状腺機能亢進が考えられるので、この場合も副交感神経の問題からアプローチすることが大切になります。

アジャストメント

・副交感神経の問題:後頭骨~C5、骨盤(特にアトラス)

4. 薬の副作用(慢性的な避妊薬やアスピリンの服用)

お薬の副作用による聴覚障害は、主に内耳を障害することで起こると言われています。特に第8脳神経障害の原因が考えられ、神経よりも内耳障害が中心になります。

特に慢性的な薬の副作用によって内耳における聴覚細胞の変性や消失などによってリンパ液の分泌や組成に影響することで耳鳴りや難聴となります。

5. 腸の問題

腸の問題の場合は、交感神経の問題からは始めることが好ましいと言われています。特にL1~L3のサブラクセーションからアプローチを行う。また、多くの場合T12~L5のサブラクセーションもまた腸の運動機能に影響があるためのでしっかりと検査を行う。また、腸の問題場合は、副交感神経サブラクセーションにより内分泌の低下が原因になることもあるので、交感神経と副交感神経をしっかりと区別してアプローチすることが必要になります。

アジャストメント

交感神経の問題:L1~L3(T12~L5)

副交感神経の問題:後頭骨~C5、骨盤

 

公式メールマガジン

スクール案内

The following two tabs change content below.
塩川 雅士

塩川 雅士

1980年、東京都生まれ。17才で渡米後、2004年パーマーカイロプラクティック大学を優等で卒業。D.C.の称号取得。米国ナショナルボード合格。日本カイロプラクティックリサーチ協会(JCRA)役員。2005年からカイロプラクターを育成する学校の運営と講師に携わり、現在、年間約300時間の講義やセミナーなどの活動を全国で精力的に行っている。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

  • 関連記事はございません。

公式メールマガジン

 

記事一覧

Facebookページ

セミナーのお知らせ

公式メールマガジン


 

セミナースケジュール

スクール案内