1. HOME
  2. ブログ
  3. 【臨床】喘息とガンステッド・カイロプラクティック・スクール

【臨床】喘息とガンステッド・カイロプラクティック・スクール

喘息 カイロプラクティック

喘息とは?喘息の人は、急に気道が狭くなって空気が通りにくくなっており、常に炎症が生じている状態にあります。

喘息には、運動している時に発症する「運動誘発性喘息」や、薬の副作用が原因で起こる「アスピリン喘息」や、様々なアレルゲンが喘息を誘発する原因と考えられている、「アトピー型喘息」や、妊娠中のストレスやホルモンバランスが大幅な変化によって誘発される喘息や、職場で扱う物質を吸入することにより発症する「職業性喘息」や、天気や気圧や季節の変化に影響を受けて誘発する喘息があります。

このように、喘息と言っても様々な種類があり、その患者は増加傾向にあります。特に日本では、喘息の患者さんは増えており、1960年代では子どもも大人も1%前後でしたが、最近の調査では子どもで約6%と6倍、大人で約3%と3倍になっており、全体では400万人を超えています。

喘息の一般的な治療法

喘息 カイロプラクティック

一般的には、気道の炎症をおさえるために吸入ステロイド薬を使用します。しかし、投薬では一時的に炎症をおさえる効果はあるものの、喘息が完治するような根本的な治療法ではありません。

上記に挙げた喘息の種類では、急な運動や投薬や様々なアレルゲンや妊娠時におけるホルモンバランスの急な変動といった様々な環境の変化などが喘息を発症させる要因と考えられています。

しかしなぜ喘息を発症する人としない人がいるでしょうか?

ここで重要な事は外的要因に意識を向けるのではなく、身体の内側に意識を向ける事です。カイロプラクティックでは身体の内側に根本原因が存在すると考え喘息にアプローチしています。

カイロプラクティックでのアプローチ

喘息 カイロプラクティック

喘息は、気管支が収縮することにより呼吸が苦しくなる症状です。人間や動物の身体には必ず酸素を体内に取り込む必要があります。鼻や口から取り入れ肺までの管状の器官を気管支といい、私たちの身体には少なからず微量の異物や細菌を空気と一緒に取り込みます。

その異物をキャッチする為にもそして気管支をきれいに保つ為にも入ってきた異物を粘液がキャッチします。すると身体にとって悪いものを粘液と一緒に外に出してくれるのです。それが痰になります。

このように私たちの身体は常に自分自信を守り健康を維持する為に働き続けているのです。気管支の拡張や粘液の分泌や抑制などの司令を出しているのが脳です。そして、脳と身体が神経によってコミュニケーションしているから生命維持することが可能になります。

もしそのコミュニケーションに異常(サブラクセーション)が生じれば、脳は身体の状態を把握できなくなります。気管支の防御機構が過剰に反応すれば、気管支は収縮します。

それが気管支喘息の原因なのです。だからこそ呼吸器系が正しく機能する為には、脳からの神経伝達を100%にする必要性があります。どれだけ外的要因となる異物や細菌を無くしも根本改善には至りません。

また、神経伝達が正常であれば、外から異物が侵入してきた時でも、瞬時に把握し、適切な量の粘液を分泌し、異物を身体の外に排出してくれます。

このように、喘息は身体のバランスが乱れていることを教えてくれる大事なサインです。その大切なサインをただ薬で隠すのではなく、しっかりと身体の内側と向き合いましょう。カイロプラクティックケアによってサブラクセーションが取り除かれ、脳がしっかりと身体の状態を把握することで、自身の呼吸器系は適切に機能することができるのです。

ガンステッド・カイロプラクティックでのアプローチ

喘息 カイロプラクティック

湿った喘息(Wet)

湿った咳とは、痰の出る咳で気管支の炎症によって分泌液が増えている証拠になります。湿った咳の多くは夜に寝ることが困難になることが特徴になります。分泌液が過剰な場合は、交感神経が優位になっている状態です。

まず、交感神経を安定するために副交感神経サブラクセーションである、上部頚椎からアプローチを行います。また、副交感神経の支配である仙骨や腸骨も確認することも重要になります。また、大人より小児の喘息に多く見られる傾向があります。 小児喘息の場合、第2仙骨結節を確認することが重要になります。

  • アジャストメント(副交感神経の問題)
  • 上部頚椎
  • 小児の場合:第2仙骨結節(S2)

乾いた喘息(Dry)

乾いた咳(空咳)は痰の出ない咳を意味しています。原因は、化学物質のバランスの乱れが考えられます。アレルギーの問題と関連性があり、乾いた喘息は、身体から排毒する反応にもなります。

小児より大人の喘息の多く見られる傾向があり、特に甲状腺機能低下による頚椎6番~胸椎3番(C6~T3)のサブラクセーション、または、副腎機能低下による胸椎7番~胸椎12番(T7~T12)のサブラクセーションからアプローチを行います。

また、便秘によって体内の排毒がスムーズに行われないことによって、身体の化学物質のバランスの乱れが喘息を悪化させる要因にもなります。
乾いた喘息の場合、副交感神経サブラクセーションは最低でも4~6週間は避け、交感神経サブラクセーションのみにアプローチを行うことが好ましくなります。

  • アジャストメント(交感神経の問題)
  • 甲状腺機能低下:C6~T3
  • 副腎機能低下:T7~T12
  • 便秘の問題:下部胸椎~上部腰椎

公式メールマガジン

スクール案内

The following two tabs change content below.
塩川 雅士

塩川 雅士

1980年、東京都生まれ。17才で渡米後、2004年パーマーカイロプラクティック大学を優等で卒業。D.C.の称号取得。米国ナショナルボード合格。日本カイロプラクティックリサーチ協会(JCRA)役員。2005年からカイロプラクターを育成する学校の運営と講師に携わり、現在、年間約300時間の講義やセミナーなどの活動を全国で精力的に行っている。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

  • 関連記事はございません。

公式メールマガジン

 

記事一覧

Facebookページ

セミナーのお知らせ

公式メールマガジン


 

セミナースケジュール

スクール案内