1. HOME
  2. ブログ
  3. 【体表温度測定】様々なケースへの対応が可能なアドバンス・テクニック

【体表温度測定】様々なケースへの対応が可能なアドバンス・テクニック

小児の場合

皮膚が柔らかい女性などは注意が必要ですが、小児の場合は特に皮膚の遊びに注意する必要があります。通常通りにスコープをスライドさせていくと、まるで除雪車が雪を集めていくように皮膚の遊びが一か所に集中してしまいます。小児を測定するポイントとしては、点を打つように少しずつスコープをズラしていく測定法が有効となります。これによって皮膚の遊びに惑わされることなく、正しい検査ができるようになります。

体毛が濃い場合

体毛は体の弱い部分を補強しようと生えてくるものとなります。例えば腰の悪い人は、腰部にだけ体毛が生えているケースがあります。逆を言えば、ブレイクの可能性が高いわけですが、このときの測定でも注意が必要となります。スコープの感度を高く設定していると、体毛部分をスライドさせていくときに針が片側へ振れてしまうことがあります。体毛の影響で片側のコイルに熱が伝わらなければ、反対側へ針は鋭く触れてしまい、偽のブレイクを拾う形となってしまいます。感度を低め “L” に設定して通常よりもゆっくりとしたスピードで測定することで正しい情報を引き出すことができます。

皮膚のケガ、ほくろ、隆起、しわがある場合

スコープが通るラインの上皮に傷跡があったり、しわやほくろがあった場合は偽のブレイクに注意する必要があります。プローブが浮いた瞬間の針の動きは鋭い動きになることが多いので、ブレイクと間違えてしまうことがあります。この場合は、プローブの幅を少しだけ調節して測定するようにします。

薬を服用している場合

薬の服用は検査に悪影響を与える可能性があります。ほとんどの薬が、神経機能を促進させるか低下させるか。それが交感神経、もしくは副交感神経、どちらの神経に働きかけるのかというものになります。つまりは薬というものは自律神経に直接的な影響を与えます。体表温度は毛細血管の拡張/収縮で変化するので、薬の服用は体表温度を狂わせ、サブラクセーションを正確に特定できない可能性があるということを知っておきましょう。

スライドした後が残る場合

測定時にスコープをスライドした部分が赤く残る(発赤)場合、化学物質のバランスの乱れ、または副腎機能障害の可能性があります。その場合は、酸性の食べ物:フルーツジュース、カフェインなどは控えた方がいいとされています。

The following two tabs change content below.
塩川 雅士

塩川 雅士

1980年、東京都生まれ。17才で渡米後、2004年パーマーカイロプラクティック大学を優等で卒業。D.C.の称号取得。米国ナショナルボード合格。日本カイロプラクティックリサーチ協会(JCRA)役員。2005年からカイロプラクターを育成する学校の運営と講師に携わり、現在、年間約300時間の講義やセミナーなどの活動を全国で精力的に行っている。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

記事一覧

Facebookページ

セミナーのお知らせ

セミナースケジュール