1. HOME
  2. ブログ
  3. カイロプラクティックって何?

カイロプラクティックって何?

塩川スクール・オブ・カイロプラクティック

あなた自身のチカラを最大限発揮

カイロプラクティックは骨をただポキポキ鳴らすものではなく、本来は脳と神経の専門家です。神経の流れを正常にすることは目的のひとつです。

神経は、脳と体の全ての器官をつないでいるものであり、身体の全ての機能をコントロールしています。神経を介して脳と体のサイクルが正常であれば、怪我をしても自然に治癒することもでき、外の環境が変化してもその環境に適応するように体はプログラムされています。

本来、身体には偉大な力が備わっていて、生まれた時から健康になるすべを知っているのです。

身体には生まれ持った治る力が備わっています。その力を最大限に発揮するためには脳と身体の全ての器官がうまくコミュニケーションが出来ていなければいけません。

カイロプラクティックでは神経伝達の異常な場所(サブラクセーション)を正確に探し、手によって調整(アジャストメント)します。

そのことにより身体に備わっている自然治癒力を向上させ、身体の機能を高めることで、あらゆる病気や怪我から身を守ることができるのです。

長い期間サブラクセーションを放置することは骨の変形、椎間板の損傷につながる原因になります。症状がない状態でも定期的に背骨をチェックする事がとても重要です。

当院では、ただ症状や痛みを取り除く事はしません。その痛みや症状の原因は何であるのかを調べ、患者さんと一緒にその問題を解決していきます。一人ひとりの体に起きている根本原因を明確にして、本来持っている力を最大限に発揮することを目的としています。

人間の身体は健康を維持することが出来る力を持ち備えています。そして、その力を最大限に発揮させる事がカイロプラクティックなのです。

サブラクセーション

サブラクセーション ≒ 神経の流れが乱れている

サブラクセーションとは、骨(ほね)自体の問題ではなく、椎間関節のすきまをとおる神経の情報伝達が異常を起こし、骨をつなぎ支えている椎間板のショック吸収力と可動性(動きとバランス)に影響を及ぼすことを指します。

サブラクセーションは、からだの中枢である脳とからだの通信回路である神経の流れを阻害してしまうため、結果としてさまざまな身体機能の異常をおこします。

サブラクセーションが適切な処置を受けずに放置されると、脳の情報を伝える神経は弱り、そこから起こるからだの機能上の問題は、連鎖反応で倒れるドミノのように、体内のあらゆる部分に影響します。

このように神経の流れが正常であることが私たちの健康を維持するもととなり、その力が発揮されていない事が病気やあらゆる症状につながる原因となるのです。

サブラクセーションの原因となる3のストレス

私たちが生活している中で様々な事がサブラクセーションの原因になります。

1.Trauma – 外傷

身体が受ける外傷によるもの。例えば、転んで腰を強打することや、過剰なスポーツによる外傷、交通事故によるむち打ちなど日常生活で皆さんが経験したことのある外傷です。しかしもう一つ外傷はあります。

仕事上の長時間のデスクワーク、足を組むクセ、悪い姿勢(テレビやゲームをしている時の姿勢)、運動不足による筋力低下、出産時に起こる外傷。これらの外傷は気がついていない事が多く、小さな外傷が積み重なってサブラクセーションが発生します。

2.Chemical – 毒素

一般的に考えられるものは加工食品、化学調味料、防腐剤、食品添加物などの過剰な摂取することが原因になります。そのほかにも医薬品の長期使用による副作用なども上げられます。

環境汚染もこのカテゴリーに入り、空気、水、土壌汚染は現代では最も問題とされています。

3.Emotion – ストレス

ストレスは現代社会で多くの方が日常的に感じられています。ネガティブ的な考え方、精神的ストレスもまたサブラクセーションの原因になります。

ストレスを常に感じることで自律神経のバランスが崩れ、常に筋肉を硬直させる原因になります。この状態が長い間続いてしまうと神経の流れが悪くなり、サブラクセーションの原因になります。

外傷によるサブラクセーションは気づく事が出来ますがそのほかの毒素やストレスは多くの方は気がついていません。日常生活では様々な事がサブラクセーションの原因になります。

定期的にカイロプラクティックを受け、神経の流れを正常にすることが健康な身体を築きあげるには必要なのです。

アジャストメントAdjustment

神経の流れを正し、活性化する

カイロプラクティックにおいて神経の配線不良(サブラクセーション)を取り除くことをアジャストメントといいます。

分かりやすく説明すると、もし家のブレイカーが落ちてしまっているならば、部屋の電気はつきません。

どこのブレイカーが落ちているのかを探し出し、ブレイカーのスイッチを入れることをアジャストメントといいます。アジャストメントにより、神経の流れを正し、活性化することが目的なのです。

神経のスイッチが入ると、脳からの情報が身体に正確に伝わるようになってくるので、長年滞っていた問題箇所も修理工事を再開します。

サブラクセーションの潜伏期間&進行状態は患者さん個人個人によってそれぞれ異なるため、最初のうちはアジャストメント後に違和感や今までにないような痛みを感じることもあります。

ガンステッド・アジャストメントに要する時間は約5~10分程です。

患者様にコンタクトしている手で決して関節面をロックすることや、テンションをとるために回旋を行うことはありません。アジャストメントの90%は、患者様と術者のリラックスから成り立ちます。

そのためには、常に患者様が1番リラックスすることができる姿勢(中立位)または、左右、前後の椎間板や関節面が常に水平で負荷のない状態でアジャストメントが行われます。

アジャストメントは、正確な方向(後方~前方)とトークと適切な深さとタイミングによって低振幅で行われます。また、アジャストメント時には、決してリコイル(跳ね返り)はせず、保持します(set and hold)。

また、アジャストメント時には、キャビテーション(矯正音)が起こることがあります。その音は、高音で鋭い関節面からの音ではなく、深い低い椎間板からの音を得るべきであるとしています。

たった1つの椎骨に刺激を与えるためには、患者様と術者の完全なるリラックスが必要になり高度なアジャストメント技術が必要とされます。

公式メールマガジン

スクール案内

The following two tabs change content below.
塩川 雅士

塩川 雅士

1980年、東京都生まれ。17才で渡米後、2004年パーマーカイロプラクティック大学を優等で卒業。D.C.の称号取得。米国ナショナルボード合格。日本カイロプラクティックリサーチ協会(JCRA)役員。2005年からカイロプラクターを育成する学校の運営と講師に携わり、現在、年間約300時間の講義やセミナーなどの活動を全国で精力的に行っている。
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事

公式メールマガジン

 

記事一覧

Facebookページ

セミナーのお知らせ

公式メールマガジン


 

セミナースケジュール

スクール案内